位置情報エラーでスタンプが取得できません。
編集

スタンプの取得種類によっては不正スタンプ取得防止のため位置情報制限をしております。
位置情報制限のかかったスタンプを取得する場合には位置情報サービスを有効にする必要があります。

位置情報サービスを有効にする手順はiPhone/Androidでそれぞれ下記をご参考ください。

①iPhoneの場合

②Androidの場合

③エラー時の対応方法

①iPhoneの場合

共有設定とアプリ毎設定の2種類があります。

・共有設定

1.「設定」アプリを起動
2.「プライバシー」を選択
3.「位置情報サービス」を選択
4. 位置情報の切り替えボタンをタップ(ボタンの色が緑の状態であれば、既に位置情報が有効になっています)

・アプリ毎設定

1.「設定」アプリを起動
2.「スタンプス」を選択
3.「位置情報」を選択
4. 「このAppを使用中のみ許可」を選択

 

②Androidの場合

1.設定アプリを起動
2.設定アプリ項目内の「位置情報サービス」のチェックボックスをタップ(チェックマークがついた状態にする)
※メーカー/機種によっては表記の名称が異なります。
※メーカー/機種によっては「位置情報サービス」が「無線ネットワークを仕様」「Wi-Fi/モバイル接続時の位置情報」と表記されている場合もございます。
※メーカー/機種よっては有効/無効の切り替えがチェックボックスではなくON/OFFのボタンとなっている場合がございます。その際はチェックボックス同様ボタンをタップいただき、ボタンをONの状態にしてください。

 

また、エラーでスタンプ取得ができない場合は下記をご確認ください。

 

③エラー時の対応

位置情報エラー時の対応ですが、下記の方法で取得できることがございます。こちらもお試しください。

 1) 位置情報サービスのOFF->ON

 2) スタンプスアプリの強制終了->再起動

 3) GoogleMapアプリを起動して、現在地測位し現在地が正しいことを確認し、再度スタンプスを起動

 4) スマホ自体の再起動

※ Xperia などの機種で 「STAMINAモード」「低バッテリーモード」をONにされている場合、位置情報が取得できないことがございます。エラーの場合はこちらをOFFにしてお試しください。